人気ブログランキング |

マルティナが語る麻糸の魅力


この夏もボビンレースの町バンベルクを訪ねました。プラハから車で2時間ほど。ポーランド国境に近い静かな町です。

ボビンレース博物館標識が見えました。ボビンレースはチェコ語でkraika(クライカ)です。ミュージアム併設ショップがミラベルカと契約しているマルティナのお店です。

マルティナが語る麻糸の魅力_f0206019_20261739.jpg
マルティナが語る麻糸の魅力_f0206019_20271763.jpg

バンベルクの街中のボビンレース博物館の展示の様子です。特別に写真を撮らせてもらいました。

マルティナが語る麻糸の魅力_f0206019_20284353.jpg

マルティナと長女のカチェンカ。彼女の家は代々ボビンレースを家業とし、母親のヤナは世界レース大会OIDEFAでグランプリをとる腕前。カチェンカもヤナの隣でボビンレース製作の手元をじっと見ているそうです。子どもが4歳になると、ボビンレースを始めさせたという伝統があり、この子もヤナやマルティナの跡を継いでいくのでしょうか。
マルティナが語る麻糸の魅力_f0206019_20305035.jpg
マルティナが語る麻糸の魅力_f0206019_20322012.jpg

博物館の中庭で麻糸について聞きました。

麻糸しなやかタイプの特徴は大きくつあります。

●第一にカラーが50色と豊富なこと。麻糸でこれだけのカラーバリエーションはチェコでも珍しい。

●第二に細く柔らかいので作りやすい。

●第三はロウ引きしていないので、素朴で自然な仕上がりになること。

麻糸しなやかタイプを使うとこんな表情も楽しめるということです。下の写真は、2番(白)、28番(赤)、81番(ベージュ)を使っています。

マルティナが語る麻糸の魅力_f0206019_09032390.jpg
店内のこんなボビンレースの野の花の額が目を引きました。
マルティナが語る麻糸の魅力_f0206019_20474405.jpg

麻糸しなやかタイプは白が加わって50色が揃っています。実際の色をご確認いただきたく、サンプル帳 を用意いたしました。

是非、麻糸しなやかタイプを作品作りのお役にたててください。ミラベルカでお求めいただけます。

マルティナが語る麻糸の魅力_f0206019_09052132.jpg





by mirabelka | 2017-09-12 09:07 | ボビンレース

チェコ・東欧の手仕事や暮らしのご紹介。このブログは東欧のクラフトショップ ミラベルカのスタッフが書いています。


by ミラベルカ