人気ブログランキング |

チェコと日本の伝統工芸のコラボレーション

ボビンレースは、細い木の糸巻き(ボビン)に巻いた横糸を、型紙に合わせて
織り込んでいくヨーロッパの伝統工芸です。マルティナはその伝統工芸に新風を吹き込んでいる新進のボビンレース作家。彼女の付けているアクセサリーは、木綿糸に金属箔を巻いたラメ糸で織られています。一見貴金属に見え、その実、羽のような軽さと、線で織り成す繊細でモダンなデザインです。

チェコと日本の伝統工芸のコラボレーション_f0206019_2148120.jpg


マルティナは2004年OIDEFA世界レース大会ではグランプリを受賞。2006年には、日本ホビーショーで日本の皆様に彼女のアクサリーを紹介したのですがとても反響がありました。
グランプリ作品
チェコと日本の伝統工芸のコラボレーション_f0206019_21501226.jpg

ミラベルカで扱っているマルティナのラメ糸です。
チェコと日本の伝統工芸のコラボレーション_f0206019_21505112.jpg

チェコと日本の伝統工芸のコラボレーション_f0206019_21524995.jpg


日本にも伝統産業として金糸、銀糸が作られています。主な産地は京都。中でも城陽市は全生産量の50%を生産しています。純金の箔を使って作られる本金糸は、日本だけで作ることができるそうです。
マルティナが日本の本金糸を使って、アクセサリーを作ってみたいと言ってきました。さっそく城陽市の商工会議所に連絡しましたが、電話のやり取りではらちが明かず、当地に竹村撚糸さんを訪ねました。

竹村撚糸でいろいろな糸を見せていただきました。
チェコと日本の伝統工芸のコラボレーション_f0206019_21554525.jpg

本金糸の製造。和紙に漆を塗り金箔の貼り付け、これを細く切って綿糸を芯に撚っていくという熟練を要する仕事です。
チェコと日本の伝統工芸のコラボレーション_f0206019_2202881.jpg


ボビンレースに適した太さはどのくらいがいいのかを決めるまでに時間を要しましたが、ようやく日本の本金糸をマルティナに届けることができました。
チェコと日本の伝統工芸のコラボレーション_f0206019_2255681.jpg


日本とチェコの伝統工芸のコラボレーションで実現したアクセサリーができ上がりました。
何かいい形で発展させられないかと考えています。
チェコと日本の伝統工芸のコラボレーション_f0206019_2265057.jpg

チェコと日本の伝統工芸のコラボレーション_f0206019_2273813.jpg


城陽市の本金糸に関してはこちらで紹介されています。

ネットショップミラベルカへ


誠文堂新光社「世界のかわいいレース」にマルティナのボビンレースが特集されました(8~12頁)。表紙はマルティナのボビンレースのオーナメントです。世界のレースが紹介されている読みごたえのある本ですので是非ご覧になってみてください。

チェコと日本の伝統工芸のコラボレーション_f0206019_20531271.jpg






====================================
by mirabelka | 2012-12-01 08:00 | ボビンレース

チェコ・東欧の手仕事や暮らしのご紹介。このブログは東欧のクラフトショップ ミラベルカのスタッフが書いています。


by ミラベルカ